2019年 10月 15日 (火)

「未成年は午前3時にうろつくな」 広島県知事発言は暴論なのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   広島県の藤田雄山知事(58)が、広島市内でのレイプ事件について「朝3時に盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思う」と発言したと報道されたことで、「レイプされる女が悪いのか!」「米兵だから庇うのか!」といった批判が続出している。広島県庁には多数の苦情が電話とメールで寄せられた。しかし、ネットの掲示板やブログを見ると、知事の発言を批判するのは間違いで、「いいことを言った」というものが結構多い。

「知事の発言は正論」が掲示板では主流

「レイプ事件へのコメントで批判が殺到した藤田広島県知事」
「レイプ事件へのコメントで批判が殺到した藤田広島県知事」

   広島市で07年10月14日に起きたレイプ事件は、19歳の女性が繁華街のクラブに友人と出かけ、そこで米軍岩国基地(山口県岩国市)の海兵隊員4人と知り合った。14日未明に女性が1人で外に出たときに、車に押し込まれ約2キロ離れた駐車場に移動。4人からレイプされたというもの。

   そして、07年10月20日に広島市で「日本女性会議2007ひろしま」のイベントがあり、ここに藤田知事が出席。あいさつの中で、「朝3時に盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思う」と発言したことが騒ぎになった。読売新聞などは、 「被害女性に非があるともとれる発言をしていたことがわかった」 と07年10月22日付で報道した。

   広島県庁の男女共同参画室はJ-CASTニュースに対し、新聞で知事の発言を知った人達から「相当な数の抗議が来ている」とし、その数は07年10月22日16時までに246件だと明らかにした。ただし、

「犯罪に会わないためのリスク回避に言及したもので、(言われているような)集団強姦を擁護しているものではありません」 と強調していた。

   ブログを検索すると批判はもちろん多い。「いじめられる方が悪い」「騙される方が悪い」という低級なレベルの発言だとか、「女性にも非がある」という性差別が被害者を日常的に傷つけるセカンドレイプになる、など。しかし、「広島県知事の発言は、まともな意見だと思う」というものが結構あるのだ。その理由としては、「悪いのは海兵隊員だが、当事者の危機管理意識が必要」「外国だったらレイプどころで済まない」などというものだ。

   さらに、「2ちゃんねる」に10本以上のスレッドが立つ「祭り」になっているカキコミの7,8割が「知事の発言は正論」というものだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中