2018年 7月 20日 (金)

東証とロンドン証取が新興企業向けの新市場創設で合意

印刷

東京証券取引所グループは2007年10月30日、ロンドン証券取引所(LSE)と共同で新興企業向けの新たな市場を創設することで合意した。新市場は、たくさんのリスクを負える「プロ」の投資家向けに新たな投資機会を提供するとともに、新興企業に新しい資金調達の機会を提供する。08年中に新市場を運営する合弁会社を立ち上げる予定で、東証では「現在、金融審議会でプロ向け市場について議論されていることもあり、その様子をみながら(設立日時は)具体的に詰めていきたい」と話している。LSEは1995年にAIM(Alternative Investment Market)市場を開設。世界最大級の新興市場に育てた実績があり、新市場はそのノウハウを活かしていく。東証の斉藤惇社長兼CEOは「新市場の創設で、日本と世界の投資家、資金仲介者が東京に集まり、東京が新たなビジネス・コミュニティーの中核になることを期待している」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中