2018年 7月 23日 (月)

「ラグナロクオンライン」の仮想通貨不正事件でガンホーが控訴

印刷

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2007年11月2日、同社のオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」で使われる仮想通貨「Zeny」を不正に産み出し利益を得ていた同社元社員を相手取って起こした損害賠償請求訴訟について、東京地裁の判決を不服として控訴することを決めた、と発表した。同社は、元社員がゲームの中で流通している仮想通貨を不正に増やしたうえRMT(リアルマネートレード)業者を通じて仮想通貨を売却し、同社の信用を傷つけたとして、約7,500万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたが、東京地裁は07年10月23日に約330万円を支払うよう判決を下した。同社は、判決は同社に対する信用毀損については認めたが、元社員の不法行為が同社へ与えた影響を過小評価していることは遺憾だとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中