「ラグナロクオンライン」の仮想通貨不正事件でガンホーが控訴

印刷

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2007年11月2日、同社のオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」で使われる仮想通貨「Zeny」を不正に産み出し利益を得ていた同社元社員を相手取って起こした損害賠償請求訴訟について、東京地裁の判決を不服として控訴することを決めた、と発表した。同社は、元社員がゲームの中で流通している仮想通貨を不正に増やしたうえRMT(リアルマネートレード)業者を通じて仮想通貨を売却し、同社の信用を傷つけたとして、約7,500万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたが、東京地裁は07年10月23日に約330万円を支払うよう判決を下した。同社は、判決は同社に対する信用毀損については認めたが、元社員の不法行為が同社へ与えた影響を過小評価していることは遺憾だとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中