三菱UFJ証券、シンガポールの証券大手Kim Eng社と提携

印刷

三菱UFJ証券は2007年11月7日、シンガポールの証券大手Kim Eng(キムエン) Holdingsに出資するとともに、包括的な業務提携を結ぶことで合意し、覚書に調印した。今回の提携によって三菱UFJ証券は、アジアにフランチャイズを構築し、アジアの証券市場でメジャープレーヤーをめざす。
Kim Eng社はシンガポール、香港、タイ、フィリピン、インドネシアの5か国の証券取引所の会員権を持つ、東南アジアで最大級の証券会社。急成長するアジア地域で両社は緊密な連携をとりながら、協力関係を構築していく。
Kim Eng社は筆頭株主である台湾のYuanta Financial Holdingsとも業務提携を結んでおり、今回の提携は今後、Yuanta社を交えた3社の連携を確立する第一歩になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中