2018年 7月 24日 (火)

TVCM、検索窓表示だけでは検索数増えず

印刷

テレビ広告がインターネットの検索行動に与える影響を調べたところ、検索窓を表示しない広告よりも、検索窓を表示した場合の検索数が2.4倍だった。ただし、単に窓が表示されているだけでは検索数にほとんど効果がなく、「検索窓が表示されていることを伝えるための効果音をつける」ことや、「検索後にどういった情報が得られるかをしっかりと視聴者に伝える」ことをしなければ、視聴者の検索行動が起きないことがわかった。これは博報堂研究開発局と博報堂DYメディアパートナーズi-メディア局がオーバーチュアの協力を得て、2005年4月1日~2007年3月31日に調査した結果だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中