2019年 2月 23日 (土)

ブログで「めっちゃいい人ばっかり」 タイで刺殺日本女性痛ましいブログ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タイ北部スコタイの寺院近くで日本人女性が首などを刺されて死亡しているのが見つかった。3週間ほど1人でタイを旅行していたと見られ、ブログには「タイ人めっちゃいい人ばっかり!」「めっちゃいいとこ!!」などとタイに対する好印象を綴っていた。現地メディアでは、殺害のほかに性的な暴行をされていた可能性があると報じられており、あまりに残酷な結末になってしまった。

劇団のブログに、タイでの体験を綴っていた。

タイで殺害された女性はブログに「めっちゃいいとこ!!」と綴っていた
タイで殺害された女性はブログに「めっちゃいいとこ!!」と綴っていた

   複数の現地紙などによれば、女性の遺体は2007年11月25日にタイ北部スコタイの寺院近くの参道脇の草むらで見つかった。この女性は大阪府在住で劇団員をしている川下智子さん(27)とみられ、首や腹に刺された跡があった。

   川下さんは2007年11月24日の晩にスコタイで行われた祭りに参加したあと、翌25日の深夜2時にゲストハウスを訪れたが、満員だったため荷物を残して立ち去った模様。25日7時に自転車を借りた姿が目撃されている。川下さんはその後、自転車で遺跡めぐりをしていたようだ。

   現地メディア「The Nation」によれば、殺害された可能性があるのは「午前9時から10時半のあいだ」で、当局が犯人は川下さんを待ち伏せしたあと、強盗し性的な暴行をしたと見ていると報じている。タイ当局は、同国への観光産業への風評被害を防ぐためにも捜査に全力を挙げているようで、すでにDNA鑑定などを始めている。

   川下智子さんは大阪の小劇団「空晴」に所属しており、同劇団のブログに、タイでの体験を死亡する10日ほど前まで綴っていた。(ブログは現在では閉鎖)

   ブログによれば、川下さんは11月3日ごろにタイに入国した模様で、その数日後にバンコクから映画「戦場に架ける橋」の舞台カンチャナブリーに訪れ、「のどかですごくいいところです」と書いている。その翌日にはチェンマイを訪れ、

「今日はぶらぶら町を見て歩き、今ナイトバザール(絵文字)を見て帰ってきました。チェンマイのナイトバザールはバンコクと違ってちょっとおとなしめ」

と綴っている。

   さらに、その数日後には、

「出国するときは、『私なんでタイに行くことにしたんやろ?タイってどうなん??ええとこなん?』なんて思ってたけど。めっちゃええとこ!!(絵文字)人はいい人ばっかりやし(絵文字)、ご飯(絵文字)はおいしいし、楽しいこといっぱいあるし(絵文字)、犬(絵文字)もみんなええ奴やし!(中略)、今日は竹を簡単につなげただけのいかだに乗って川を下って帰ってきました。もの凄く楽しい!!」

とも述べており、タイにかなりの好印象を持ったことが伺える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中