東国原知事、「徴兵制」改め「徴農制」を主張

印刷

「徴兵制はあってしかるべきだと思う」などと2007年11月28日に開かれた座談会の場で発言したことについて、宮崎県の東国原英夫知事は07年11月29日、報道陣に対して「徴兵制を容認していない。戦争に直結するものでは全然ない」と釈明した。
東国原知事は「例えが飛躍しすぎた」と「徴兵制」発言については反省の意を示しつつも、あらたに「徴農制」を主張。「例えば徴農制とかで、一定期間、農業を体験するとか、介護、医療、災害復興の手伝いなどをある程度強制しないと、今後の担い手不足、社会構造の変化に付いていけないと危惧している」などと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中