東海、関東、東北の花粉は昨年の1.5倍から3倍 環境省予測

印刷

   環境省は2008年1月24日、08年春の花粉飛散について、東海から関東、東北にかけては07年春に比べて1.5~3倍に増加する地域が多い、と発表した。西日本では、07年春に比べて半減か今年並みの地域が多く、一部では07年春を上回る見込み。一方、北陸から九州の西日本は、昨年と同じか下回る可能性が高いと予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中