2018年 7月 21日 (土)

マック店長は「非管理職」 755万円支払い命令

印刷

   日本マクドナルドが店長を管理職扱いにして残業代を支払わないのは違法だとして、埼玉県熊谷市の店長・高野広志さん(46)が未払いの残業代などを求めた訴訟で、東京地裁(斎藤巌裁判官)は2008年1月28日、「店長は管理職にあたらない」として、同社に過去2年分の残業代など約755万円の支払いを命じた。同社は控訴する方針。日本マクドナルドの直営店店長は全国で約1700人に上る。
   外食チェーン店展開で、店長を管理職として扱う同様の経営形態をとる企業も多く、大きな影響をあたえそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中