「劇団ひとり」の初小説 100万部突破

印刷

   お笑いタレントの劇団ひとり(31)が初めて書いた小説「陰日向に咲く」(幻冬舎刊)が100万部を突破したことが分かった。発売から2年もたっているが、V6の岡田准一さん主演で映画化されたことが売り上げを伸ばした。人気タレントの初小説も、06年1月の初版は、1万5000部だった。増刷を重ね、08年2月1日に54刷で100万部を達成した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中