岡村靖幸が覚せい剤所持で3度目逮捕 ファンクラブは解散へ

印刷

   「だいすき」などのヒット曲で知られるミュージシャンの岡村靖幸容疑者(42)が2008年2月5日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。逮捕の事実は同日、公式サイトで明らかにされた。
    調べによると、岡村容疑者は同日夕方ごろ、東京・新宿区の自宅で、使用する目的で覚せい剤を小量所持していた疑い。岡村容疑者は、同様の薬物事件で1993年に有罪判決を受けたほか、2005年には実刑判決も言い渡されている。
    コンサート事務局とファンクラブスタッフが公式サイトで謝罪し、「昨年秋ツアーの振り替え公演を含めた、アンコールLIVE『告白』に関しては、公演中止となります」と告知した。今後、ファンクラブは解散することにしており、入会金や年会費は全額払い戻す手続きを取っているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中