「中国製食品利用しない」が76% 共同通信調査

印刷

   中国製の冷凍ギョーザに殺虫剤が混入していた問題をめぐって、「今後、中国製食品は利用しない」とする人が75.9%に上ることが、共同通信の世論調査で分かった。調査は、2008年2月9、10日に電話で行った。
   調査によれば、中国製食品の利用について、「これまで利用してきたが、今後はしない」とする人は36.3%で、「これまでも利用していないし、今後も利用しない」とする人が39.6%だった。一方、「これまで利用してきたし、今後も利用する」は21.6%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中