盗難通帳の不正引き出しは原則全額補償 全銀協

印刷

   全国銀行協会は2008年2月19日、盗難された通帳やネットバンキングで不正に預金が引き出された場合、銀行が原則として補償する自主ルールを発表した。盗難通帳での不正引き出しについては、銀行に過失がなくても全額を補償するが、他人の目に付きやすい場所に通帳を放置していたり、印鑑と通帳を同じ場所に保管していた場合は、預金者にも過失があったとして補償額が減らされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中