2019年 11月 20日 (水)

「まつ毛エクステ店」90%は危ない 「角膜炎」や「まつ毛損傷」多発

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

ネイルサロンが客引きで「まつ毛エクステ」の看板

   こうした店舗が増えていった背景には、免許がなくても施術者になれるため、ヘアサロンやネイルサロンなどが、「客引き」を狙いに看板を掲げるようになったこと。さらに、まつ毛パーマ、アートメイク、脱毛が、医師法、薬事法に該当する業種になり、廃業した業者が流れてきたためではないか、と、富島会長はいう。つまり、「専門」外の業者が増えたからだそうだ。同協会では今後、技能検定試験やセミナーの回数を増やし、業界全体の技術・知識の底上げを図る計画のようだ。また、

「小動物を店で飼っているような店舗や、他業種と併設している店は避けたほうがいいのでは」

と富島会長はアドバイスしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中