次期システムの開発中止で日本IBMに賠償請求 スルガ銀行

印刷

   スルガ銀行は2008年3月6日、新しい銀行の基幹システムの開発を委託していた日本アイ・ビー・エムに対して、契約不履行で開発中止に追い込まれたとして、総額111億700万円の損害賠償を請求する訴訟を、東京地方裁判所に起こした。銀行が次期システムの開発中止で、ベンダーに損害賠償請求訴訟を起こすケースはきわめて珍しい。
   スルガ銀行は現行の基幹システムもIBM製で、「保守契約や更新作業についてはこれまでどおりIBMにお願いしています。(裁判の)影響はありません」とし、日々の業務に支障をきたすことはないとしている。ただ、次期システムへの移行スケジュールはすでに遅れており、「新経営システム構築プロジェクト」で急ぎ検討を続けていく。同行はIBM以外のベンダーへの変更について、「なにも決まっていません」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中