2021年 12月 4日 (土)

宮城県でも「セクハラ校長」 超甘処分の「訓告」という不思議

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   埼玉県川口市の「セクハラ校長」の問題が波紋を広げるなか、宮城県石巻市でも学校の校長によるセクハラ事件が発覚した。ところが、校長は同じ学校に在籍し続け、事件の報道が出て初めて、辞職願を提出した。こんな甘い対応の結果、現地ではドタバタ騒動が勃発している。

セクハラ受けた養護教諭はうつ病になった

   事件は2008年3月5日、読売新聞が特ダネとして報じた。これを受けて、同日の石巻市議会で市長が行政報告を行って明らかになった。

   事件の概要はというと、市内の小学校の男性校長(52)が06年6月頃から約1年にわたって、部下の20歳代の女性教諭に対して、手を触ったり、執拗に食事に誘うなどのセクハラ行為を繰り返した、というもの。具体的には、たびたび2人だけの食事に誘ったりしたほか、保健室で手を握ったり、夜間、携帯電話にしつこく電話・メールするなどしたという。養護教諭はうつ病になったという。

   07年4月、養護教諭に相談を受けた友人が市教委に相談し、事件は市教委の知るところとなった。これを受けて、市教委は事実関係を調査の上、「市内小学校の校長にはふさわしくない」などと、校長の異動を求める意見書を任命権者の宮城県教委に送付した。

   ところが、県教委からは「セクハラについての懲戒基準に該当しない」との返答があり、市教委としては「処分」よりも軽い「措置」しかできないことになった。市教委は07年9月、校長に対して「文書による訓告措置」を行った。

   県教委が05年に定めた懲戒処分基準では、「相手を不快にさせる性的な言動」を「セクハラ行為」と定義しており、校長のケースは「直接的に性的な言動ではなかった」と判断された結果、「処分」ではなく「措置」にとどまったものとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中