2018年 6月 24日 (日)

「X JAPAN」hideの追悼イベント 「芝生が荒れる」と「FC東京」激怒

印刷

   「味の素スタジアム」をホームグラウンドにしているJリーグの「FC東京」が、同スタジアムに対し激怒している。試合の2日前に大規模なコンサートを受け入れたためで、「芝生が荒れて試合にならない」という理由のようだ。一方、スタジアム側にとって「コンサートはドル箱」で、両者の考え方は全く噛み合わない。

「どれだけ芝生が荒れると思っているんだ」

「芝生が成長する季節なので心配無用」と話す
「味スタ」は「芝生が成長する季節なので心配無用」と話す

   「FC東京」は2008年5月6日に「味スタ」で「名古屋グランパス」を迎え撃つことが決まっていたが、08年3月中旬、「味スタ」側から試合の2日前の3日、4日に人気バンド「X JAPAN」のギタリスト、hideさん(享年33)の追悼イベントが開かれることを聞かされた。このコンサートには「X JAPAN」メンバー以外にも「LUNA SEA」「Dir en grey」などビッグネームが20組も競演。2日間で延べ10万人の観客が集まるのだという。

   これに対し「FC東京」は、

「どれだけ芝生が荒れると思っているんだ。しかも2日前のコンサートじゃないか」

と激怒した。「FC東京」はJ-CASTニュースの取材に対し、これまでも「味スタ」でコンサートやイベントが行われていて、サッカーの試合に影響が出ないようにお互い上手く調整してきたが、今回だけは寝耳に水の「特別」な出来事だとし、

「(日程変更や試合会場の変更など)どのように対応するか現在検討中です」

と怒りが収まらない様子だった。

   一方の「味スタ」は、5月は芝生が成長する季節のため心配いらない、とし、

「中一日あれば芝生の修復は可能ですし、これまでもコンサート後に利用者から苦情が来たことはありません」

と自信を覗かせる。「コンサート開催を事後報告してきたのはけしからん」などの「FC東京」からの苦情については「よくわからない」とし、

「これからもコンサート、イベントなどにできる限りスタジアムを提供し、より多くの人に楽しんでいただく姿勢に変わりはありません」

とJ-CASTニュースの取材に語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中