ルー大柴 「私のライフもフィニッシュ」と思った乱気流

印刷

   お笑いタレントのルー大柴さんが2008年4月9日にブログを更新した。仕事で岡山に向かう途中、乗っていた飛行機が乱気流に巻き込まれたことを、

「今シンクしてもチキンスキン(鳥肌)が立ってしまう」

と、得意の「ルー語」で臨場感たっぷりと綴っている。

「機長から『スウィング(揺れ)してもフライトには影響ありません!』とアナウンスメントされたが、キャビンアテンダント(客席乗務員)もドリンクサービスが出来る状態ではなくシートベルトをして強張ったフェイスをして座ってました」

   さらに、

「その日のウェザーはレイン、何となく虫のインフォメーション(虫のしらせ)を感じた・・・。飛行タイムは1時間40分、スリープしてればすぐアライブすると思っていたが、考えがスウィート(甘い)でした」

と振り返る。

   1時間経っても揺れがおさまらない。

「私はメモ用紙にワイフとサンズに『本当に楽しい人生だった幸せ、強く生きろ!』と遺言を書こうと思っていました」

   飛行機は何とか無事に着陸したが、

「P.S 帰りは行きオーバーにモアスウィング! ベリータイアドでアーリーにスリープしました」

と、災難続きだったようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中