「まことちゃんハウス」 壁を撤去するまで毎月10万円払え

印刷

   漫画家・楳図かずおさん(71)の東京・武蔵野市の新居(通称まことちゃんハウス)建設をめぐり、周辺の住民が建設差し止めを求めた訴訟の口頭弁論が、2008年4月14日、東京地裁で開かれた。

   住民側はこの住宅が08年3月中旬に完成したため、請求内容を外壁の撤去などに変更。撤去するまで訴えを起こした2軒に毎月5万円ずつ、月に計10万円を支払うことを求めた。この裁判は、楳図さんの新居の外壁が、赤と白の縞模様で周囲の景観を壊すと、周辺住民が訴えを起こしたもの。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中