「僕はパパを殺すことに決めた」 講談社役員ら4人減給

印刷

   奈良県で少年が自宅を放火した事件について綴った書籍『僕はパパを殺すことに決めた』が、少年の「供述書」や「捜査資料」を引用したとして問題視された事件で、本を出版した講談社は2008年4月14日、出版の管理監督責任を問い、担当役員ら4人を減給処分とした。4人は、書籍部門担当役員、出版当時の学芸局担当役員、学芸局長、学芸図書出版部長。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中