2018年 7月 19日 (木)

夫殺害の「セレブ妻」に懲役15年

印刷

   東京都渋谷区の自宅マンションで夫を殺害し、遺体をバラバラにして遺棄したとして殺人などの罪に問われていた三橋歌織被告(33)の判決公判が2008年4月28日、東京地裁であった。懲役20年の求刑に対して、河本雅也裁判長は懲役15年を言い渡した。検察・弁護側双方の鑑定委が「心神喪失だった」との鑑定結果を出したことから、無罪判決の可能性も指摘されたが、判決では「幻視、幻聴などはあったが、責任能力に問題を生じさせるものではなかった」として、同被告の責任能力を認定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中