2018年 7月 22日 (日)

ニイウス コー民事再生法適用を申請 56件682億円の不適切取引も発覚

印刷

   日本IBMと野村総合研究所が設立した東証2部上場の情報システム会社ニイウス コーは、子会社のニイウスとともに東京地方裁判所に民事再生手続開始の申し立てをして受理されたと2008年4月30日に発表した。負債総額は、ニイウス コーが408億円。ニイウスが732億円。

   医療事業からの全面撤退による損失や金融サービス事業の立ち上がりの遅れに伴う減損損失などが原因。また同日、過去5期間にわたり、実際には売買していない商品を売買したように見せかけるなど計56件、売上金額総額682億円の不適切取引があったと発表した。277億円の利益を不正に計上していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中