レオパレス、30億円の申告漏れ

印刷

   賃貸アパート大手のレオパレス21は2008年5月15日、東京国税局の税務調査で、法人税や消費税の申告漏れを指摘され、修正申告して計20億円を納付したと発表した。営業貸付金、販売促進費や賃貸事業の消費税の計算について、解釈の相違などがあったという。

   08年5月16日の各紙の報道によれば、同社は07年3月期までの5年間で法人税約30億円の申告漏れを指摘されていたという。このうち約1億円は関連会社に利益供与を経費に仮装していた所得隠しと認定された模様。同社はこれらの報道を受け、08年5月16日に「当局との見解の相違はあったが、既に全ての項目について修正申告を完了している」とのコメントを発表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中