TOTO食器洗いで発火事故 8600台を無償改修

印刷

   TOTO(北九州市)は2008年5月19日、システムキッチンに組み込む形式の食器洗い乾燥機「ウォッシュアップエコ」で発煙・発火事故が2件発生した、と発表した。温水ヒーターの回線が接触不良を起こしていたのが原因とみられる。けが人はなかった。同社では同日、06年7月~07年6月製造の「EUF100」シリーズ8605台を対象に、無料の点検と部品交換を始めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中