ソニーPSP 人気ソフト効果で3か月連続の首位

印刷

   ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」が3か月連続でゲーム機販売のトップになったことが2008年6月1日、エンターブレインの調べで分かった。人気の専用ソフト「モンスターハンターポータブル 2nd G」が売れ続けている効果による、と見られている。

   5月のゲーム機販売では、PSPが4月から約10万台減ったものの約27万台。続いて、Wiiが約22万台、ニンテンドーDSライトが約16万台、PS3が3万台だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中