2020年 7月 9日 (木)

外食は値上げラッシュ サラリーマンの昼食も直撃

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

「だいたい50~100円上げているようです」

   個人が経営するお店でも事情は同じだ。例えば、秋田県で定食屋を営む店主のブログには、

「5月からの物価の上がり幅を見て『もう現状維持は限界』という結論に達し、5月1日から1品10~30円の幅で値上げをさせて頂きます」

と書かれている。

   値上げに踏み切ったのは、もやしやこんにゃくにも値上げの動きがあるからだという。周辺でも値上げしている店が多いようで、「だいたい50~100円上げているようです」。

   今のところはお客に値上げを理解してもらえているというが、「客が減るのではないか」という心配もあるようだ。

   住宅ローンやクレジットカード事業を展開するGEコンシューマー・ファイナンスが6月4日に発表した「サラリーマンの小遣い額」に関する調査によると、月額4万6300円と前年に比べてマイナス2500円もダウンしている。昼食代は前年に比べて60円マイナスの590円と、01年の710円から年々減っている。

   年代別にみると、50歳代が630円とやや高くなっているものの、他の年代はいずれも500円台で、最も低いのは40代の530円だった。小遣い額が減る一方で、外食店の値上げラッシュに、サラリーマンには苦しい「昼飯事情」になるのは確実だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中