福田首相、消費税率引き上げ不可避の認識示す

印刷

   福田康夫首相は2008年6月17日、G8諸国の通信社とのインタビューで「日本は世界有数の高齢化社会だ。その国が(消費税率を)5%でやっている。だから、これだけ財政赤字を背負っている。その辺のところを決断しないといけない、という大事な時期」と述べ、消費税率引き上げは不可避との認識を示した。一方、その数時間後の日本人記者団とのインタビューでは、

「そういうつもりで言ったんじゃない。日本は5%でも国民皆保険で、そして長寿社会を達成している、ということを理解してもらいたいと(いう趣旨)」

などと釈明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中