2020年 10月 24日 (土)

海外のホテル代高騰 出張サラリーマン「痛い持ち出し」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   海外ホテルの宿泊費が値上がりしている。ただ、会社から支給される宿泊費は据え置きで、サラリーマンは海外出張のたびに自腹を切らざるをえない、という「痛い事態」になっている。

シンガポールではホテル代も年々上昇中?

   富山県の石井隆一知事らが2005年11月に中国を訪れた際、1泊5万円のホテルに宿泊した。ところが、県内の市民団体がその一部を返還するよう求めた訴訟を起こし、1泊2万円を超えた分については返還するよう命じる判決が出たという。2008年6月18日に各紙が報じた。

   富山県人事課によると、同県では、国家公務員の旅費を定めた「国家公務員等の旅費に関する法律」にもとづいた値段を定めていて、知事の場合の中国での宿泊費は1万7400円と定められている。5万円は「高すぎる」という見方が多いが、本当に1万7400円で大丈夫なのか。

「5万円のホテルは今やそう珍しくない。ユーロを筆頭に外貨が値上がりしているなか、海外ホテルの宿泊費も軒並み上がっている」

   海外出張が多いという会社員男性はこう言い切る。

   男性によると、特に西ヨーロッパとシンガポールでの値上がりがすごい。数年前の2倍以上だ。つい最近、イギリス・ロンドンで泊まったホテルは、日本で言えば安ビジネスホテルといったところで、バスタブもなくシャワーだけ。しかも、狭くて日当たりも悪いのに、1泊4万円近くだった。

   1泊1万円以下でも泊まれる東京のビジネスホテルと比べると、3倍以上という値段だ。これでは支給される2万円弱という一日あたりの宿泊費を大幅に超え、持ち出しになる。さらにレストランも値上がりしていて、食事1品とワインを少し飲むと1食あたり5000円くらいになるそうだ。宿泊代以外に少々「日当」をもらっても、とてもカバーできない。

   ビジネスマンと思われる人物のブログ「地方ではたらく輸入会社社長のブログ」では、

「ここ数年でアジアのある都市で私が定宿としているホテルのコーポレートレートが55USドル (5年前)から120USドルにまで跳ね上がっております」
「経済好調なシンガポールではホテル代も年々上昇中だ。おまけに空室率も年々下落」(なでしこ論。)

といった意見が書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中