2021年 5月 11日 (火)

常磐大高野球監督が解任 新婚旅行中に聖堂落書き

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   イタリア・フィレンツェの大聖堂に高校野球強豪の常磐大高監督(30)も落書きしていたことが分かり、同校では監督を解任した。次々に発覚する落書き騒ぎに、テレビのコメンテーターからは「魔女狩りでは」との声も。しかし、学校に寄せられる声は厳しいようだ。

「名前を書くと幸せになる」と勧められる

お詫び文を載せた常磐大高校のサイト
お詫び文を載せた常磐大高校のサイト
「先週末から自宅謹慎し、『申し訳ないことをした』とかなり落ち込んでいます。生徒は試験期間中で、今はしっかりと勉強するようにと伝えてあります」

   茨城県水戸市の私立常磐大高校の教頭は2008年6月30日、J-CASTニュースの取材にこう答えた。

   同校によると、職員の男性監督は、新婚旅行中の2006年1月5日、世界遺産登録の歴史地区にあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂を訪れた。聖堂近くで、黒の油性ペンを販売する人から「名前を書くと幸せになる」と勧められ、深く考えずにペンを購入。そして、妻と2人で最上階の展望台に上り、聖堂の柱に、自分と妻の名前をハートマークで囲んで書いたという。

   岐阜市立女子短大生の落書きが発覚した08年6月24日以降、ネット上では、日本人とみられる多数の落書きの「犯人捜し」が始まった。2人が実名で落書きしており、強豪高監督として情報が比較的多かったため、個人が特定された。

   この監督は、01年就任後に野球部を強豪に育て上げ、07年夏の県大会準優勝に導いた。そのときのエースの菊池保則投手(18)が、同校初のプロ野球選手としてドラフト4巡目で楽天に入団。08年夏は、県大会でシード校に指定され、初の甲子園を目指している。

   常磐大高では、監督が落書きを認めたため、6月29日付で解任。校長から報告を受けた茨城県高野連では30日、記者会見して、県大会へ出場させるかどうかなどの対応を検討していることを明らかにした。日本高野連では、J-CASTニュースに「茨城から文書で報告を受けてから、対応を決めたい」と話す。修復については、高校がイタリア大使館などと協議している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中