taspo運用、全国に拡大

印刷

   未成年者の喫煙を防止するために導入が進められてきた、たばこ自動販売機の成人識別カード「taspo(タスポ)」の運用が2008年7月1日、首都圏1都7県と沖縄県で始まり、実施区域が全国に広がった。今後、全国の自販機でタバコを購入するためにはtaspoが必要になるが、6月24日現在の発行枚数は約641万枚。喫煙人口の約24.6%にとどまっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中