小林麻央のお気に入り 重松清のサイン本

印刷

   タレントでキャスターの小林麻央さんが2008年7月2日のブログで、作家・重松清さんの「直筆サイン入り」の本に喜んでいる。

   「私の宝物」とアピールするのは、重松清さんの著作『きみの友だち』にサインをいれたもの。小林さんは重松さんの作品が好きで、本棚にも複数冊並んでいるそうだ。「そこに、重松さんのサイン入り本が一緒に並ぶことになるなんて・・・」。

   とはいうものの、やっぱり一緒に並べるのは、やめてしまったんだとか。その理由は「ガラス扉のついている棚に宝物として置かせて頂いています」。

   『きみの友だち』を読むと、小学生、中学生時代の懐かしい友達の顔が思い浮かぶのだという。登場人物たちが、昔の自分なのかもしれないし、あの時の友達なのかもしれない……そんな風に思えてくるという。いろんな思いを巡らせているのだろう。

「友情関係や人間関係のイロイロは何歳になってもあるのかなと思いますが、そんなイロイロも、思い出して微笑んでしまえるような優しさを感じる本です」

   重松さんのサインとともに、にっこり微笑んでいる小林さんの写真が掲載されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中