公的年金、07年度の運用損失は5兆円超に

印刷

   年金積立金管理運用独立法人(GPIF)が2008年7月4日に発表した業務報告書によると、07年度の公的年金の運用実績は5兆6455億円の損失を計上した。単年度の損失としては02年度以来5年ぶり。

   07年度は、第1四半期(4~6月)は2兆3752億円の黒字だったが、第2四半期以降は米サブプライム住宅ローン問題を契機とした株式や債券市場などの混乱で赤字となった。運用益の一部は給付金に充てられるが、06年度末の黒字から07年度の赤字を差し引いても7兆4108億円プラスになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中