6月の投信残高3.3%減 世界的な株安響く

印刷

   投資信託協会がまとめた投資信託概況によると、2008年6月の株式投信残高は前月末比2兆3016億円の運用減で、純資産総額は3.3%減の60兆5911億円となった。純資産総額の減少は3か月ぶり。「資金流入は増えているものの、運用での減少が響いた」(投信協会)としている。世界的な株安、なかでも中国株などの下落が運用減につながったとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中