「木屑」の発電事業に本格参画 東京ガス

印刷

   東京ガスは、木屑チップを燃料にした「木質バイオマス(生物資源)発電事業」に参画すると、2008年8月11日に発表した。オリックスの子会社で、新規電力発電事業者の吾妻バイオパワー(群馬県前橋市)に出資する。

   吾妻バイオパワーが行うバイオマス発電事業は、年間約13万トンの、剪定枝や廃材などの破砕した木屑チップを燃焼させて発電する。同社はこの事業を行うために、すでに発電所の建設に着手しており、2010年度からの運転開始をめざしている。東京ガスはこの発電所で発電された電力をすべて購入する。

   東京ガスは、天然ガスを利用した火力発電所を稼働しているほか、袖ヶ浦工場(千葉県)では風力発電も手がけている。バイオマス発電への参入で地球環境に配慮したクリーン電力部門を強化しながら、電力事業の価値を高めていく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中