イオン、漁協との直接取引で生鮮魚を販売

印刷

   大手スーパーのイオンは2008年8月14日、漁業協同組合JFしまねとの直接取引で仕入れた生鮮魚を08年8月17日、大阪府や京都府、山陰エリアの「ジャスコ」で販売する、と発表した。

   全国漁業協同組合連合会では燃油高を理由に、7月15日に一斉休漁を実施した。その事前説明のために、JFしまねの代表がイオン本社を訪問した際に、直接取引の話があったという。イオンでは今後も全漁業連や、地域の漁協と協力していく方針だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中