「アイデンティティ/アクセス管理製品」、12年には566億円市場に

印刷

   IT専門調査会社 IDC Japanは、国内セキュリティソフトウェア市場のうち「アイデンティティ/アクセス管理製品」「セキュリティ/脆弱性管理製品」の市場に関する動向および予測を2008年8月5日に発表した。

   「アイデンティティ/アクセス管理製品」の07年の市場規模は前年比2.4%増の480億円。07年~12年の年間平均成長率は3.4%と予想し12年には566億円の市場規模になるとみている。「セキュリティ/脆弱性管理製品」の07年の市場規模は前年比3.8%増の186億円で07年~12年の年間平均成長率は13.4%増で12年には349億円になると予測している。

   同社は国内セキュリティソフトウェア市場を、「アイデンティティ/アクセス管理製品」「セキュリティ/脆弱性管理製品」「セキュアコンテンツ管理製品」「脅威管理製品」「その他のソフトウェア製品」の5種類に分類し、調査・分析・予測を行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中