2019年 8月 18日 (日)

未入居や「新古」マンションに注目 専門情報サイトにアクセス殺到

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   発売1年以上たつ「新古」や新築後「未入居」といった、中古のマンションが脚光を浴びている。東京都心部を中心に新築のマンション価格がなかなか下がらないなかで、こうした「オトク感」のある情報を専門に提供するサイトにアクセスが殺到している。

完成済みで未入居のマンションに特化したサイトが登場

   「オトク」なマンションの情報を提供しているビジョナリープレイスが運営する「得住」(とくすま)は2008年7月24日から、新古物件を含む、すべて完成済みで未入居のマンションに特化した情報の提供を開始した。(1)モデルルームとして公開していた住戸だった(2)売約済みだったが突然のキャンセルがあった(3)販売センターとして住戸を使っていたなど、マンション価格を値下げしないといけない理由はいくつかあるが、そうした「プレミアム情報」を提供し評判を呼んでいるのだ。サービスの開始当日と翌25日には、アクセスが殺到してサーバーがダウンしたほど。7月24日から同31日までのページビューは約40万を記録した。

   ビジョナリープレイスは、「値下げ物件だけを取り上げているわけではない」と説明する。たとえばモニターになる条件でマンション業者が安く販売したり、残り1、2戸になって売主が早く完売したいので値段を下げたり、と何らかのインセンティブをつけて販売していたマンションは結構あった。ただ、そうした情報に接する機会は少なく、「(得住は)これまで公にされていなかったことを公にして集客力を高める試み」と話す。マンション業者の倒産などによって価格が下がった物件もないことはないが、ごくわずかだそうだ。

   現在は首都圏の16社から情報提供を受けていて、91件の物件登録がある。会員になってプレミアムIDを取得すれば、気に入った物件があった場合、住戸案内スタッフが現地に連れてってくれて説明してくれるほか、購入にかかる費用などについて電話で相談できる。

   中古マンションは古くなると建物の劣化があることや、設備が最新なものでなかったり、現地を見学しても居住者がまだ転居しておらず部屋の隅々までチェックできないといったデメリットもある。「未入居」や「新古」のマンションであれば、ほぼまっさらな状態だし、モデルルームに使っていた物件などでは家電商品やインテリア家具が備え付けてあったりするから、「オトク感」も増すというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中