7月の消費者物価指数2.4%増

印刷

   総務省が2008年8月29日に発表した7月の全国消費者物価指数は、総合指数が102.4と、前年同月に比べて2.4%増加し、10カ月連続でプラスとなった。食料品価格の値上げ、ガソリン価格高騰による交通費の上昇が主な要因となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中