2019年 9月 23日 (月)

フェンシング銀の太田 1日8時間練習でニートなのか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   銀メダルのフェンシング太田雄貴選手は、「ニート王子」などと呼ばれる。それが、有名になり、やっと就職先のオファーが出たという。だが、目標に向けて1日8時間もの練習を続けてきた選手が、本当にニートなのだろうか。

仕事も通学や家事もしないので確かにニート

太田雄貴選手サポート会社のホームページ
太田雄貴選手サポート会社のホームページ
「あんまり出社しなくていいところが」

   北京五輪フェンシングの男子フルーレで銀メダルの快挙を成し遂げた太田雄貴選手(22)。帰国後の就職先についてインタビューで聞かれると、こう打ち明けて爆笑を誘った。マスコミで「ニート王子」「ニート剣士」などと呼ばれるだけに、ニートのままでいたいというジョークに受け止められたわけだ。

   太田選手は、2008年3月に同志社大学を卒業後、職に就かず、他競技の選手と違って所属先もなかった。日本フェンシング協会によると、肩書きの「京都クラブ」には実態がなく、太田選手がゆかりのある京都にちなんで便宜上、付けたという。

   ニートは、政府の定義では、仕事のほか通学や家事もしていない15~34歳を指す。07年は62万人に上った。太田選手が、仮に家事をしていないとすると、統計上はニートだということになる。

   「ニート王子」のきっかけは、太田選手が「ニートなんで」と言ったり、友だちから「まるでニートやな」と言われることを明らかにしたりしたことから。自ら統計上のことを意識していたのかもしれない。

   とはいえ、日本フェンシング協会の関係者によると、卒業後も、「お隣の韓国が5~7時間練習しているなら、8時間練習すればいい」というほどの精進の毎日だった。それだけに、ネット上では、「ニートじゃない」とマスコミの呼称に反発する声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中