京大、iPS細胞の特許を取得

印刷

   京都大は2008年9月11日、山中伸弥教授による新型万能細胞「iPS細胞」を作製する技術について、日本で特許を取ったことを明らかにした。iPS細胞を巡る特許は国内で初めて。

   特許を取ったのは、遺伝子4種類を体の細胞に導入してiPS細胞に変える技術。京大では、海外でも権利の取得を進めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中