2019年 10月 18日 (金)

原材料値上げの余波 駄菓子の「当たり」が無くなる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   子供たちの「社交場」駄菓子屋さんで売られている菓子の「当たり」が減っている。子供にとって「当たりが出てもう一個」というのはワクワクする魅力なのだが、原材料費や包装費、運搬費などが高騰しているものの、子供向け商品のため値上げはできず、メーカーは苦渋の選択で「当たり」を無くしたり、減らしたりすることに決めたのだという。

高松市のメーカーは20年も続いた当たりを無くす

   香川県高松市の駄菓子メーカー香西食玩は、魚肉のすり身を揚げた人気商品「揚げ柳」(1個30円)の当たりを2008年4月から廃止した。それまでは30個入りの1パックに2つの当たりが入っていて、当たりが出ればもう1個「揚げ柳」がもらえた。原材料費などの値上がりで価格を維持するのにギリギリの状態だった。それでも、かれこれ20年も続いた当たりを無くすことは苦渋の選択だった。同社はJ-CASTニュースに対し、

「原材料費など何もかも高騰し、一般の食品メーカーのように値上げも考えましたが、少ないお小遣いで沢山の種類が買えるのが駄菓子の一番の魅力ですから、30円を40円に上げてしまったら魅力が薄れます。だから値上げはできない、という判断でした」

と打ち明ける。

   昭和26年創業の大阪の菓子卸問屋「いしだや」は、駄菓子の当たりや、クジの当たりがめっきり減ってきた、と話す。ただし、小売店の多くは、

「このご時世だから仕方がない、と受け止めているようです」

というのだ。値上げされるよりは、サービスを削ってもらうほうがありがたい、というわけらしい。

   全国的に旧来の駄菓子屋は減少し、逆に増えているのがテーマパークでの併設や、商業ビルなどに出展する「複合的」な駄菓子屋。ここでは雑貨やインテリアなども販売されている。

「ターゲットにしている客層は、子供さんというよりは大人。それも当たりの減少につながっているのではないでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中