2か月ぶりに円高水準 一時104円台

印刷

   東京外国為替市場は2008年9月16日、米大手証券リーマン・ブラザーズの経営破たんをきっかけにドル売り円買いが進み、1米ドル=104円3銭と2か月ぶりの円高水準をつけた。対米ドルだけではなく、対ユーロ、対豪ドルなどでも円が上昇している。欧米などに比べて金融不安が小さい日本の円が買われている。

   9月17日は、米政府・連邦準備理事会(FRB)が保険大手のAIGの救済に乗り出すことを発表したことを受けて、1米ドル=106円台に戻している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中