角川、中国で漫画本発行へ 中国人漫画家との交流も

印刷

   角川グループホールディングスは日本の漫画本を発行している出版社、広州漫友文化科技発展公司(中国広州市)と提携し、中国で漫画の単行本や若者向け小説「ライトノベル」などを発行する。また中国の漫画家を日本に呼んでノウハウを学んでもらい、交流も行う。中国人漫画家が日本でデビューする可能性もある。

   広州漫友は漫友文化伝播機構傘下の企業で、「鉄腕アトム」など日本の出版物など約1000点の漫画単行本を発行している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中