家事支援ロボットを公開 東大とトヨタら

印刷

   掃除や洗濯、食器の片づけなど家事を支援するロボット「ホームアシスタントロボット」を、東京大学とトヨタ自動車などの研究グループが開発し、2008年10月24日に公開した。

   身長は155センチで、掃除用具や洗濯機といった道具を使えるのが特徴。単身世帯や高齢世帯の家事支援を目的に開発した。研究グループは10年以内の実用化を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中