PC販売の九十九電機 民事再生法申請

印刷

   東京・秋葉原のPC専門店、九十九電気が2008年10月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。信用調査会社の帝国データバンクの発表によると、負債総額は約110億円。PC関連商品の低価格化が進み競争が激化したのにともなって、資金繰りの悪化が進んでいた。同社は1947年創業。秋葉原では、老舗店舗として高い知名度を誇っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中