2020年 5月 30日 (土)

1泊2食付「109円」「2980円」 超価格破壊「旅行」どうして可能?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「109円」「2980円」で1泊2食付――こんな信じられない宿泊プランが登場し、注目を集めている。しかし、どうしてこんなプランが可能なのか?そこには意外な理由があった。

通常宿泊料金8,150円が109円

   和室2食付き、通常宿泊料金8,150円が109円。和室朝食付き、通常宿泊料金8,925円が109円。にわかには信じがたい「超格安」宿泊プランの情報が掲載されているのは、クーコム(東京・渋谷区)が運営する宿泊予約サイト「旅館ホテルのアウトレット! 直前予約のトクー!」だ。

   109円均一の宿泊プラン「トクー!市」は、毎週水曜午後3時から一斉に予約を受け付けているが、なぜこのような宿泊プランが可能になるのか。同社はJ-CASTニュースに対し、

「『トクー!市』は名物コーナーで露出も高い。広告枠と提携宿泊施設には捉えていただいている」

と明かす。「広告枠」としての活用のほか、宿泊施設側が「お客へのプレゼント」といったかたちで提供するケースもあるという。また、同サイトが90万人の会員からの会費で運営しているため、宿泊施設から一切手数料を取らない卸値による販売を可能にしている。さらに、直前まで残った空室を値下げして販売する手法も使う。こうした理由から、109円均一の宿泊プランのほかに、「2食付5,000円以下の宿」「半額以下の宿」といった割安の宿泊プランを販売できるというわけだ。

   ほかにも価格破壊は出現している。湯快リゾート(京都市)は、1泊2食付き一律7800円の旅館運営を展開。経営難の老舗温泉旅館を買い取り、合理化を進めて収益を上げているかたちだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中