花粉症の人、09年春は要注意 飛散量2倍以上も

印刷

   日本気象協会はこのほど、2009年春のスギ花粉の飛散量が08年に比べて2倍以上になる地域もあるとの予測を明らかにした。花粉症の人には、ちょっとつらい春になりそうだ。

   それによると、東海、近畿、中国、四国、九州では、08年の2倍と「非常に多くなる」。東京、神奈川、千葉、群馬、山梨の5都県では、1.5倍と「同じか多い」。

   08年夏は、平年と比べて全国的に気温が高く、降水量も少なかったため、スギの花芽が育ちやすかったという。同協会では、夏の暑さが厳しかった地域ほど、飛散量が多くなるとみている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中