2018年 7月 21日 (土)

調査捕鯨の捕獲目標、南極海では約2割削減

印刷

   政府の調査捕鯨の捕獲目標が初めて削減されることが2008年11月12日にわかった。同月13日付「朝日新聞」が報じている。記事によると、秋から春にかけて主力となる南極海での目標を約2割減の750頭程度とすることで、全体で約1割削減する。

   日本の調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に基づき、南極海と日本近海の北西太平洋で実施している。年間捕獲目標は現在約1300頭。水産庁によると、南極海はクロミンククジラ850頭、ナガスクジラ50頭、ザトウクジラ50頭(07年は捕獲延期)。日本近海ではクロミンククジラ220頭、イワシクジラ100頭、ニタリクジラ100頭。

   近年、南極海の調査を巡り、アメリカの反捕鯨団体が調査船への妨害活動を激化させている。この影響で昨季の南極海での捕獲は目標の6割の551頭だった。また、調査捕鯨の資金源になる鯨肉の需要も低迷している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中