2018年 7月 21日 (土)

みずほFG 9月中間期の純利益71%減益、3000億円増資

印刷

   みずほフィナンシャルグループが2008年11月13日に発表した9月中間期決算によると、連結純利益が前年同期比71%減の945億円の大幅な減益となった。中小企業の倒産が頻発して不良債権処理額損失が拡大した。09年3月期の通期見通しの純利益は2500億円と、期初の収益計画の半分程度にとどまりそう。

   また同日、自己資本を増強するため、英国領ケイマン諸島に全額出資で設立する特別目的子会社を通じて円建ての優先出資証券を発行する、と発表した。年内をめどに3000億円程度を発行して資本を増強する。

   国内保険会社などに引き受けを要請。また発行によって株式数が増えるが、1株あたりの利益が薄れることがないようにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中