2020年 12月 1日 (火)

DSゲームを安くダウンロード 1万人使った「マジコン」とは

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   「マジコン(マジックコンピューター)」と呼ばれる、「ニンテンドーDS」のゲームを不正に起動できるようになる機器の流通が問題化するなか、マジコンで起動可能なゲームをネット上でダウンロード販売していた親子が逮捕された。販売用に設けられたウェブサイトでは、「DSゲームはダウンロードする時代」などと大胆不敵なキャッチフレーズを掲げていた。一体、どんな販売手口だったのか。

「全てのゲームが0~500円」とうたう

   京都府警ハイテク犯罪対策室などは2008年11月13日、著作権法違反(譲渡件侵害)の疑いで、大阪市寝屋川市の職業不詳の男(37)と、その母親(58)ら3人を逮捕した。調べでは、3人は08年7月下旬、任天堂の人気DSソフト「マリオカートDS」のデータを記録した記憶媒体とマジコンを京都市の会社員に計1万980円で販売、任天堂の著作権を侵害した疑いがもたれている。「マジコン」の関連のサイトが摘発されるのは全国で初めてだが、3人は、「知らない」などと容疑を否認しているという。

   容疑者らが運営していたのは、「DSGAMEJP」と呼ばれるサイト。事件を受け、サイトはすでに閉鎖されているが、「DSゲームはダウンロードする時代」「全てのゲームが0~500円」などとうたっていた。

   サイトでは、「R4 Revolution for DS」(R4)と呼ばれるマジコンの代表的な機種を購入させた上で、マジコンを起動するためのデータをダウンロードさせる仕組みになっており、

「ダウンロードしたR4データを解凍する」
「R4のUSB(SDをセットしている状態)をパソコンに差し込みます」

などといった操作手順が、写真とともに丁寧に説明されている。

   さらに、ユーザーは会員登録をした上で、一定の金額を振り込んで積み立てる。振込みが確認されると「VIP会員」として登録され、ゲームをダウンロードするためのIDとパスワードが送られてくる。ゲームをダウンロードすると、積み立てた金額から代金が差し引かれる仕組みだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中